ダメニュース

もうダメだと感じるニュース

韓国料理の味をNYに広めようとしたら、そもそも韓国料理が知られていなかった事にウリナラショック! 

【韓国ブログ】韓国料理の世界化、日本のお寿司に何を学ぶべきか?

  「韓国の味をニューヨークで広報する」ことを目的に、ニューヨークでロケを行ったスペシャル番組が21日に放送された。「韓国料理の認知度」に関する街角のアンケートで、ニューヨークの人々は日本のお寿司(すし)は知っていたが、韓国料理についてはあまり知っていなかったことが明らかになり、話題を呼んでいる。

  韓国では、1年ほど前から韓国料理の世界化を目指して、国をあげて取り組んでおり、メディアでも「健康食として韓国料理が注目される」「キムチのブーム」「マッコリのブーム」などたびたび取り上げられていただけに、「韓国料理の認知度」に大きなズレがあったことを知らされ、少なからずショックを受けたようだ。番組終了後、この話題を取り上げたブログが続々と登場し、特に、日本のお寿司がなぜ人気で、どのようにして「世界化」に成功したか、その理由を考察したブログが多くみられた。
  
  韓国料理の現地化や対外広報が重要視される中、typhoon11というブロガーは「問題は私たちが広めようとしているものが果たして韓国料理であるかどうかという点。短期間で外国人の口に合わせようとするから、国籍不明の料理になってしまう」と述べ、広報よりも重要なものとして「世界化のために時間と文化が必要である」と指摘する。

  続けて、「どこの国に行っても日本の酒とお寿司は日本現地のものとそれほど変わらない。それは日本が、酒とお寿司を知らせるために時間を費やしたからである。長い間、着々と紹介し、外国人の口に合わせるのではなく、外国人の口が酒とお寿司に慣れるようにし、その中に日本の文化を取り込んだ」と分析し、そのようなことが日本料理に対する「高級で体にいいすばらしいもの」というイメージを作り上げたと書き綴る。

  そして「韓国料理も同じ。単純な経済論理で、短期間で何の文化の伝達もないまま世界化しようとすると、それは世界化ではなく、文化の喪失になる」とし、韓国料理も日本の酒やお寿司に学び、時間をかけて韓国ならではの食文化を伝えることこそが、韓国料理の世界化に必要なものであるとの見解を示した。



http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1124&f=national_1124_023.shtml
やっかいな隣人韓国の正体





良くも悪くも、勝手に日本料理屋を海外で名乗って日本料理の存在を広めた朝鮮人が今更何をやろうとしてるんだ?


>問題は私たちが広めようとしているものが果たして韓国料理であるかどうかという点。
>短期間で外国人の口に合わせようとするから、 国籍不明の料理になってしまう


今作ってるようだ。

相変わらず薄っぺらいw

韓国人のしくみ
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://damenews1000.blog129.fc2.com/tb.php/67-3be6f414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top